フィットネスエアロバイク口コミ評判ランキング

まずは要件チェック

エアロバイクを購入する際にはまず、自宅で利用する際のイメージが重要です。最初はどこに置くのか?リビング、寝室。これをまず決めねばなりません。スペースがこれで決まってきます。最近ではあまり重量も気にせず、軽いものや折り畳めるものまでありますから選択の際の一番のポイントです。
次に音。どうしても利用する際に音は気になります。理由してみなければわからないということであれば、まずは口コミなどで調べてみてください。
そして、次にはどの程度の機能が必要かです。運動負荷を複数パターン設定可能なレベルなら簡単かもしれませんが、複雑なパターンを設けてみたり、血圧などと連動、スマートフォンとのデータ連動を求めるかなど必要機能によって変わってきます。
最後に、何と言ってもメンテナンスです。どうしても駆動部で実際にトラブルがあった場合にはなかなか難しいところ。事前に確認しておくことが後々、利便性に影響してきます。”

個人の好みや状況に合わせて使えるエアロバイク

エアロバイクはエアロバイク、スピンバイクの2種があります。そして、低価格でコンパクトなのが多いエアロバイクですが、製品により折り畳み可能です。メリットは安くコンパクトなこと。デメリットは全身運動になりづらくて、構造上負荷にむらがあって使い心地がいまいちだったりします。そして、後輪代わりにフライホイールつき、それを自転車と同じようにベルトを介して回るのがスピンバイクなのです。メリットは負荷が均等でこぎ心地よくて、長時間の使用ができて、クランクが自転車と同じ長さで、自転車と同じように焦げます。そして、デメリットはエアロバイクよりか高くて、重く大きいことです。そして、折り畳み式でなくては部屋で使えない、移動させるので軽いほうがいいということならエアロバイクがいいです。価格も1万円程度からかうことができて、使ってみたいといった人にお勧めです。そして、常設できるスペースあればスピンバイクにしましょう。使い心地がよくて2万円台といった低価格なものもあり、磁石を利用して負荷かけるタイプなら音も静かです。ですが、1時間半以上トレーニングしたければ、連続稼働時間制限ない摩擦式を選ぶのがいいでしょう。

エアロバイクは上半身のトレーニングをするかどうかで選び方が変わる

エアロバイクを選ぶ際には、アップライトとスピンバイクという2種類のタイプのどちらかを使うことで、効果的にダイエットやトレーニングを行えます。有酸素運動のみを行い軽い負荷で長時間無理なく運動をしたいならば、シティーサイクルに乗る際と同じ背筋を地面と垂直にして乗るタイプが有効です。なぜなら、前傾姿勢で乗るスピンバイクはロードレーサーに乗り慣れている人以外は本格的なトレーニング目的に適しているからです。高い負荷をかけたトレーニングを行うつもりが無いにもかかわらず、スピンバイクを選んでしまうと挫折する原因となりかねません。そこで、普段からロードレーサーに乗り慣れている場合や上半身を支える背筋を鍛えたい時にはスピンバイクを選び、ダイエットのみを目的としているならばアップライトタイプが適しているわけです。エアロバイクは一度設置すると場所を取ることになるので、最初から利用目的に合ったタイプを選ぶ必要があります。トレーニング負荷と頻度に合わせて利用目的に合ったエアロバイクを探しましょう。

エアロバイクの種類!自分に合ったモノを購入すべし!

エアロバイクには、初心者でも扱いやすい「エアロバイク」とがっつりトレーニング重視の「スピンバイク」などの種類があります。エアロバイクを選ぶときは、この内自分にあったモノを選ぶようにしてください。
エアロバイクの特徴はサイズのコンパクト感、重さが軽く運びやすい面、1万円程度で購入できてしまうリーズナブルさです。折り畳み式で片付けも楽なので、これを踏まえて考えるとエアロバイクを初めて利用する初心者の方や部屋のスペースがあまりなくコンパクト感を望む方など、特に女性におすすめのエアロバイクです。あまり長時間使用することはできませんが、少々運動不足を解消したいくらいの使い道であれば、エアロバイクで十分なのではないでしょうか。
そしてもっと本格的にトレーニングしたい方には、スピンバイクをご紹介します。こちらはエアロバイクと比べて長時間の使用を目的に作られたエアロバイクで、モノにより静かに動くものもあって、トレーニング向きです。がっつりトレーニングをしたい方など本格的な使用を目的とした方にぴったりですね。ただお値段も張りますし、重たくて広く場所を取ってしまうため、お気をつけください。
エアロバイクはご自宅で使うのに困らないもの、そして自分の用途に合ったものを選ぶようにしてください。もし、選ぶのに迷ったときは購入前に詳しくその製品の性能を調べ、お値段とのバランスがいいものを購入してくださいね。このようにエアロバイクには種類があるため、じっくり調べてどの製品を購入するか選択するヒントにしてください。”

ハイガーHG-QB-J917Bの5つの特徴とメリット

ハイガーHG-QB-J917Bの持つ5つの特徴は、次のようなことです。まず使う場面に合わせて、負荷や座高を調節できます。そして2種類の漕ぎ方で、鍛える部分を変えられます。運動量や体の状態は、ボタン一つで確認できます。静音マグネット式だから、ホイールの摩擦音で周囲に迷惑をかけません。組み立てが簡単で、コンパクトに畳めるので収納がしやすい構造になっています。以上のことからとても扱いやすく、豊富な機能で自宅でも十分なフィットネスが楽しめることがこの商品のメリットと言えます。

BTMMS036532の5つの特徴とメリット

ダイエットや健康維持のために効果的なフィットネスバイクBTMMS036532は、室内で好きな時に手軽に使えるのが魅力です。アップライトやリラックスモードなど、自由に形を変えられます。多機能デジタルメーター付きで、さらに運動負荷を10段階で調節できます。大きな座面と背もたれで座り心地が良い構造なうえ、折りたためるので収納スペースをとる心配もありません。前面にスマホホルダーが付いているので、トレーニング中のスマホ置き場に悩まずに済みます。

STEADYST102の5つの特徴とメリット

STEADYST102には5つの特徴があり、タブレットホルダーがあるのでネット動画を見ながら楽しく筋トレが行えます。大きな筋肉を使うため、効率よくカロリー消費に励めるのがSTEADYST102の2つめのメリットです。STEADYST102は膝や腰への負担が少なく、運動経験が浅い方でも無理なくトレーニングに挑めるのが3つめの特徴となります。細かく運動強度を調整できるので年配の方から、サイクリングが得意な方まで幅広く愛用できるのが4つめの利点です。5つめの特徴は静穏性にこだわって設計されている点で、マンションや住宅地でも安心して使えます。

ハイガー|HG-YX-5006Aの5つの特徴とメリット

ハイガー|HG-YX-5006Aの特徴は5つあります。まず無段階の摩擦負荷です。体力のレベルに応じて負荷設定ダイヤルを回すだけなので家族全員で使えます。フライホイール重量は8kgです。ホイールが重いため本格的な運動が出来ます。耐荷重は100㎏です。全身の体重を片側のペダルに掛けてもビクともしないので、安全に全身運動が出来ます。次に、コンパクトで見やすいエクササイズセンサーがあります。最後に、24通り+αポジション調節が出来ます。適切なポジションを得ることでケガ予防に繋がります。

RIORESFITNESS BIKE X2 の5つの特徴とメリット

家で過ごすことが多いときに役立つものとして、RIORESFITNESS BIKE X2が注目されています。主な特徴として挙げられるのは5つです。まず、自宅にいながら手軽に使える点です。運動に興味がなくても、気分転換目的で使うことができます。また、走行距離・消費カロリーをしっかり計測できるのも魅力です。グリップは握りやすく、初めて使う人でも戸惑わずに済みます。ペダルが足裏にフィットし、使用時のストレスがありません。価格に見合った効果が期待できるのが魅力です。

FITBOX LITEFITBOX LITEの5つの特徴とメリット

「FITBOX 」のFITBOX LITEは、女性でも運びやすい重さのフィットネスバイクで床を傷つけにくいのが特徴です。また、初心者用のペダルを採用しているほか、赤ちゃんやペットなどの巻き込まないよう安全にも考慮し、錆びや埃の混入を防止するデザインとなっています。8段階で負荷調整ができるため、初心者から本格的にトレーニングをする人まで使用可能です。FITBOX LITEは、業界最小クラスのコンパクト設計なので、狭い空間でも気軽にトレーニングができるのがメリットです。

BTMMS193520の5つの特徴とメリット

BTMは8段階の負荷調整が可能で最適なトレーニングが行えるのに加えて、静音性が高く夜間でも静かに利用できます。
また、ペダルは滑り止め加工が施されており、しっかりと足のパワーを受け止め、幅が広めのサドルで安定性が増します。
さらにBTMにはロックピンが搭載されており、収納時に折り畳んだ際に固定できます。
これらの5つの特徴を持つフィットネスバイクのBTMは、安全かつ効率的にトレーニングをして筋力アップや脂肪燃焼を実現できるのがメリットです。”

BTMMS038493の5つの特徴とメリット

BTMMS038493は多機能デジタルメーターが付いています。これによって時間や速度など計れます。サドルの高さが調節可能です。このサドルは3段階調節出来るので家族全員で使えます。また背もたれも付いています。これによりより良い安定感が与えられ、ウエストが保護されます。さらにゆったり座れる幅広い座面になっています。幅が広いので座り心地が良いです。最後に無段階で負荷調節が出来ます。体調などに合せて調節出来家族全員で使えます。

BARWINGBW-SPN02の5つの特徴とメリット

BARWINGBW-SPN02の特徴は大きく5つあり、5連強力マグネットによる負荷と牛皮摩擦パットによる「ダブル負荷システムがその1つ目になります。2つ目はフルカバーという点でほこりや汗といった故障の原因となるものを抑止するだけでなく、音も静かな点です。3妻は高弾力サドルや高さ調節が容易なのも利用継続にうれしい点になります。4つ目は機能豊富なパネルで、モニターサイズも大画面なのも分かりやすいです。最後の5つめはコンパクト(50×84㎝)で楽に移動できる点です。

BTMMS196700の5つの特徴とメリット

BTMMS196700には、嬉しい5つの特徴があります。1つめのメリットは座席の高さが7段階にわけて調整できる点です。自分の体型に、合ったポジションに調整できるので家族みんなで愛用できます。2つめはキャスター付きなのでシニアや女性ユーザーでも楽に移動、片付けられる点です。3つめは背もたれが付いている点で、運動する際に腰を支えてもらえるので安心です。4つめは多機能で視認性が良く、簡単操作なデジタルモニターが搭載されている点となります。5つめは負荷調整が細かく設定できる点で、10段階にわけて調節可能なので運動が得意な方から初心者の方まで皆が安心して愛用出来ます。

ハイガーHG-YX-5001VER2の5つの特徴とメリット

ハイガーは回転数、時間、距離、心拍数、スピードがひと目でわかるメーターが装備されていて、サドル部分は6段階の高さ調整があって身長155cmから185cmの人まで使えます。ハンドルの高さも8段階あり、細かく変えることができます。負荷方法は本格仕様の摩擦調整式で、簡単に負荷を調整できます。ハンドル部分にスマホもおけて音楽を聴きながら運動もできるのもハイガーの特徴です。ハイガーには保証や保険が充実していて、専門エンジニアが回答してくれる相談窓口もあるのでエアロバイクを初めて買う人には大きなメリットだと言えます。

RIORES fit-bike-x2の5つの特徴とメリット

RIORESのfit-bike-x2には、折り畳めて場所を取らないXタイプを始めとして、時間やスピード表示の多機能で便利なパネルなどの特徴があります。
また8段階の負荷調節が可能なので、体力や希望の運動強度に合わせられますし、7段階の高さ調整ができる安定感のある幅広サドルも魅力です。
何より5ステップの簡単組立ですから、RIORESのfit-bike-x2なら誰でもすぐにフィットネスが始められます。
低価格なのに高品質でコスパが高いというメリットがありますから、満足の結果に期待できます。”

BARWINGBW-SPN01の5つの特徴とメリット

BARWINGBW-SPN01特徴5つ
8kgのホイールを採用しており、運動強度を幅広く選べます。
ホイールにカバーが付いているために静音設計で周囲にストレスを与えません。
ブレーキ機能付きなので万が一の時でも安心です。
ハンドルとサドルの高さが段階的に設定出来ます。
モードが多彩で見やすいデジタルパネルを採用しています。
BARWINGBW-SPN01は自宅の自室で、運動強度に強弱をつけて有酸素運動したい時には最適のマシンです。”

RAJAspinbike-001setの5つの特徴

RAJAspinbike-001setの5つの特徴は、静音性に優れておりコンパクトで室内に設置しやすいトレーニング機器です。
1年間保証が付いているので、万が一不具合が出てもすぐに対応をしてもらえます。
自分の身長に合わせて高さ調節が出来ますし、自分の年齢や体力に応じた負荷を選ぶことが出来るのが魅力です。
悪天候の日でも自宅でトレーニングが出来るので、リハビリやダイエットなどに向いています。
安定性に優れているので、高齢者も転倒を防ぐことが出来る商品です。”

タイトルとURLをコピーしました